2021-12-12

渡辺禎雄型染版画展 聖書の心と日本美の結実 ギャラリー&スペースMOMO(南房総市)

会期:2021.12.10(fri)~2021.12.20(mon)

聖言に守られし者(ラサロ)

渡辺禎雄は、染色の仕事をするなかで芹沢銈介に師事するようになり、型染め版画作品「ルツ物語」で戦後すぐに第一回目の日本民話館賞を受賞された作家です。海外でも愛好家の多い版画作家として知られています。今年もご遺族から、もっとも充実していた時期の大判作品を提供していただきますので、どうぞお出かけください。

生年 大正2(1913)年7月7日
没年 平成8(1996)年1月8日
出身地 東京
主な受賞名〔年〕日本民芸館賞(第1回)〔昭和22年〕「ルツ物語」,国画賞〔昭和23年〕,日本版画院学芸賞〔昭和31年〕
経歴 染物屋の職人として働きながら、独自の型染版画の手法を生み出した。昭和22年「ルツ物語」が日本民芸館賞を受賞。以後、キリスト教美術の画家として活躍。

ギャラリー&スペース MOMO

会 期 2021年12月10(金)〜日(月) 12:00〜16:00 (火・水・木は休廊)

所在地 〒299-2512 南房総市岩糸1093

連絡先 0470-28-462

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。