2021-03-24

MOA美術館所蔵作品展 歌川広重展 鋸山美術館 (富津市)

会期:2021年05月22日(土)〜2021年06月20日(日)

鋸山美術館創立10周年記念特別展。歌川広重(1797〜1858)は葛飾北斎と並ぶ人気浮世絵師であり海外でもその人気は高く、モネやゴッホ等、印象派の画家たちにも影響を与えたことで知られています。天保4年(1833)版保永堂から刊行された広重の「東海道53次」は人気を博し、浮世絵風景画家の地位を不動のものとします。折しも江戸庶民にとって旅は空前のブームであり、各地の名所が数多く描かれることとなります。

本シリーズは江戸から京都をつなぐ東海道の53の宿場町に起点の日本橋と終点の京都を合わせた55枚の揃いものとして刊行されました。広重はその中で、実際の宿場町を舞台に人間と四季折々の自然を描き、心の故郷都もいえる叙情的な心象風景へと昇華させています。広重はいくつかの版元で「東海道53次」を主題とした作品を上梓しましたが、中でもM O A美術館所蔵の保永堂版は評価も高く、かつ状態の良い浮世絵として大変貴重で当時の技術の高さを感じることと思います。

併せて特別展示として、鋸山のふもと金谷村名主鈴木四郎右衛門が寛政11年にお伊勢参りをした際の道中記を展示し、当時の旅の様子をご覧いただくことができます。

公益財団法人鋸山美術館

展覧会名:MOA美術館所蔵作品展 歌川広重展

所在地 千葉県富津市金谷2146-1

会期:2021年5月22日(土)~6月20日(日)(前期展示:5月22日(土)~6月7日(月) 後期展示:6月9日(水)~6月20日(日))※全55作品の内前期後期14作品の展示替えがあります。

開館時間:10時-17時 (最終入館は16時30分まで)

連絡先 0439-69-8111

休館日:火曜日※ただし6月15日(火)は開館

入館料:一般800円 中高生500円 小学生以下無料

会期中に予定されているイベントについては、鋸山美術館ホームページのイベントのページをご覧ください。

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です