2020-08-20

住吉飯店 安房勝山の麻婆飯

食の細る季節ですが、これは別腹です。国道127号線を南下、内房線JR勝山駅の信号を過ぎてすぐそこ、勝山商店街、勝山港へ向かう通りにそれはあります。香りたつ山椒が口の中に広がり、鼻に抜ける快感が食をそそる麻婆飯。ピリリと効いた辛味が肉の濃厚なコクを引き出し、豆腐の優しい旨味を際立たせます。ご飯に絡まるこの麻婆の滋味は、ここだけの味わい。幾重にも重なる辛味が病みつきになる禁断の麻婆。中華の奥深さを知る海鮮中華の名店ならではの最後の締めに。これは外せないと唸らせるえくぼの生まれる豊かさに感謝です。

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です